リフォーム&リノベーション Re Logic

リ・ロジックがお伝えする「リノベーションの基礎知識」

  • tel:0120-86-0649
  • 無料相談会・モデルハウス見学会はこちらから

リノベーションについて

リノベーションについて

リノベーションの基礎知識

リノベーションって、リフォームと何が違うの?、リノベーションにかかる費用はどれくらい?

このような方のために、このページではリ・ロジックがリノベーションの基礎知識についてご紹介します。リフォームとの違いだけでなく、チェックしておきたい費用のことや助成金のことなどを掲載。
さらに、リノベーションシミュレーションもお試しいただけます。現在リフォームおよびリノベーションをご検討中の方は、ぜひご覧ください。

リノベーションとリフォームの違いとは?

リフォームとリノベーションの違いは端的に言うと「目的」です。
修繕によって建物を新築の状態にまで戻すのがリフォームなのに対し、リノベーションはそこに付加価値を与えるという目的を持ちます。

リフォーム

リフォームとは「悪い状態の改良」を意味します。
壊れていたり汚れていたり、劣化が進んでいる部分を修繕し、新築の状態に戻すことが目的で、言うなればマイナスを0に戻すための作業です。

工事の規模

  • ・設備の変更、修繕
  • ・キッチンやユニットバスの入れ替え
  • ・壁紙の張り替え
  • など、比較的小規模な工事
リノベーション

リノベーションとは「革新」「刷新」「修復」といった意味を持つ言葉です。大規模な工事によって、建物に新たな機能を持たせたり、価値を高めたりすることを目的として実施されます。

工事の規模

  • ・間取りの変更
  • ・水道管、排水管の変更
  • ・冷暖房換気設備の変更
  • など、比較的大規模な工事

リノベーションの費用相場と助成金について

以下はHOME’Sが行ったリノベーションの費用別事例件数です。
これを見る限り、マンションの場合は700~1,000万円、一戸建ての場合は1,000~1,500万円がボリュームゾーンであることが分かります。

事例件数

とは言え、リノベーションにかかる費用の相場は算出が難しいものです。たとえば、システムキッチンひとつをとってみても、オーダーで数百万円するものもあれば、セットで数十万円で済む場合もあります。施工主様がどのようなご要望をお持ちか?建物の状態は?といった部分で金額が変わってきますので、基本的には見積を依頼し確認するようにしましょう。

リノベーション時に助かる助成金について

リノベーション時に助かる助成金について

リノベーションおよびリフォームを行う場合には、その内容によってさまざまな助成金の申請が行える場合があります。以下はその一部です。

バリアフリーリフォーム

「要支援」もしくは「要介護1~5」と認定された人が住む家で、手すりの取り付けといったリフォームが必要な場合には、費用の9割(18万円まで)を介護保険制度が補助してくれます。
また、各自治体でも「高齢者住宅改修費支援制度」や「障害者住宅改造費助成制度」が用意されている場合には、これらを組み合わせることも可能です。

省エネ・耐震リフォーム

太陽光発電システム、断熱改修、省エネ性の高い給湯機器設置、LED照明といった省エネリフォームを行う場合には、自治体などから5~10万円程度の補助金を受け取れる場合があります。
また、耐震診断や耐震補強工事などについて補助を受けられるケースがあるので、担当窓口などに問い合わせてみましょう。

リフォーム減税

バリアフリーリフォームや省エネ・耐震リフォームを行った場合には、所得税控除や固定資産税軽減といった減税支援を受けられる場合があります。
この際には、確定申告や書類の提出等が必要になるため、準備をしっかりして活用しましょう。

なお、上記以外にもそれぞれの自治体によっては一般的なリフォーム・リノベーションに補助策を設けているところもあります。
地元の業者への依頼が条件となる場合も多いですが、他の補助金と組み合わせられることもあるのでぜひ確認しておきましょう。

up

Copyright Logic architecture Co.,Ltd. All Rights Reserved.